来場者申し込み

来場のお申し込みには、メールアドレスの登録と認証が必要です。
入力されたメールアドレスに認証用のURLを送信します。

必須

※半角英数、PCメール推奨。

必須
必須

※パスワードは半角英数字でそれぞれ1文字以上含む6文字以上20文字以内で入力してください

必須
本登録には規約およびプライバシーポリシーへの同意が必要です

利用規約

この利用規約(以下、「本規約」といいます。)は、富士電機 ITソリューション株式会社(以下、「特別協賛企業」といいます。)が開催する「Educational Solution Seminar 2022」で提供するサービス(以下、「本サービス」といいます。)の利用条件を定めるものです。登録来場者(セミナー参加者等)の皆さま(以下、「来場者」といいます。)には、本規約に従って、本サービスをご利用いただきます。

第 1 条(適用)
本規約は、来場者と特別協賛企業との間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されるものとし、その利用期間は、2022 年 9 月 1 日~2022 年 11 月 7 日とします。尚、2022 年 11 月 7 日以降は、日本国法令に基づき、適切に対処するものとします。

第 2 条(利用登録)
本サービスにおいては、登録希望者が本規約に同意の上、特別協賛企業の定める方法によって利用登録を申請し、特別協賛企業がこの承認を登録希望者に通知することによって、利用登録が完了するものとします。
2.特別協賛企業は、利用登録の申請者に以下の事由があると判断した場合、利用登録の申請を承認しないことがあり、その理由については一切の開示義務を負わないものとします。
①利用登録の申請に際して虚偽の事項を届け出た場合
②本規約に違反したことがある者からの申請である場合
③その他、特別協賛企業が利用登録を相当でないと判断した場合

第 3 条(来場者 ID およびパスワードの管理)
来場者は、自己の責任において、本サービスの来場者 ID およびパスワードを適切に管理するものとします。
2.来場者は、いかなる場合にも、来場者 ID およびパスワードを第三者に譲渡または貸与し、もしくは第三者と共用することを禁止いたします。特別協賛企業は、来場者 ID とパスワードの組み合わせが登録情報と一致してログインされた場合には、その来場者 ID を登録している来場者自身による利用とみなします。
3.来場者 ID 及びパスワードが第三者によって使用されたことによって生じた損害は、特別協賛企業に故意又は重大な過失がある場合を除き、特別協賛企業は一切の責任を負わないものとします。

第 4 条(禁止事項)
法令または公序良俗に違反する行為
2.犯罪行為に関連する行為
3.主催者、特別協賛企業、セミナー講師、本サービスの出展企業、本サービスの他の来場者、または第三者のサーバーまたはネットワークの機能を破壊したり、妨害したりする行為 4.主催者、特別協賛企業、出展企業のサービスの運営を妨害するおそれのある行為
5.他の来場者に関する個人情報等を収集または蓄積する行為
6.不正アクセスをし、またはこれを試みる行為
7.他の来場者に成りすます行為
8.主催者、特別協賛企業、出展企業のサービスに関連して、反社会的勢力に対して直接または間接に利益を供与する行為
9.主催者、特別協賛企業、セミナー講師、本サービスの出展社、本サービスの他の来場者または第三者の知的財産権、肖像権、著作権、プライバシー、名誉その他の権利または利益を侵害する行為
10.以下の表現を含み、または含むと特別協賛企業が判断する内容を本サービス上に於いて、表現または投稿、送信、配布等する行為
①過度に暴力的な表現または行為
②わいせつな表現または行為
③人種、国籍、信条、性別、社会的身分、門地等による差別につながる表現または行為
④自殺、自傷行為、薬物乱用を誘引または助長する表現または行為
⑤その他反社会的な内容を含み他人に不快感を与える表現または行為
11.以下を目的とし、または目的とすると特別協賛企業が判断する行為
①営業、宣伝、広告、勧誘、その他営利を目的とする行為(特別協賛企業の認めたものを除きます。)
②性行為やわいせつな行為を目的とする行為
③面識のない異性との出会いや交際を目的とする行為
④他の来場者に対する嫌がらせや誹謗中傷を目的とする行為
⑤特別協賛企業、本サービスの出展社、本サービスの他の来場者、または第三者に不利益、損害または不快感を与えることを目的とする行為
⑥宗教活動または宗教団体への勧誘行為
⑦その他本サービスが予定している利用目的と異なる目的で本サービスを利用する行為
12.その他、特別協賛企業が不適切と判断する行為
13.破壊・妨害行為を含む上記のような行為により、本サービスが停止になった場合には、本サービス停止時間に関係なく、金 500 万円もしくは本サービスに関する損害の一切の金額を利用者に請求するも のとする。

第 5 条(本サービスの提供の停止等)
特別協賛企業は、以下のいずれかの事由があると判断した場合、来場者に事前に通知することなく本サ ービスの全部または一部の提供を停止または中断することができるものとします。
①天災、感染症、水害、火災、停電、その他不可抗力の原因により、本サービスの提供が困難となった場合
②最大収容者数、アクセス数の設定による人数制限の実施を行う場合
③本サービスにかかるコンピュータシステムの保守点検または更新を行う場合
④コンピュータまたは通信回線等が事故により停止した場合
⑤その他、特別協賛企業が本サービスの提供が困難と判断した場合
2.前項各号の場合、特別協賛企業は、本サービスの提供の停止または中断により、来場者または第三者が被ったいかなる不利益または損害についても、一切の責任を負わないものとします。

第 6 条(著作権)
本サービスおよび本サービスに関連する一切の情報(セミナー映像、講演資料、出展ブースコンテンツ、未来の教室体験映像、ミニセミナー映像および資料など含む)についての著作権およびその他の知的財産権はすべて特別協賛企業または特別協賛企業にその利用を許諾した権利者に帰属し、来場者は無断で複製、譲渡、貸与、翻訳、改変、転載、公衆送信(送信可能化を含みます。)、伝送、配布、出版、録画、二次利用、営業使用等をしてはならないものとします。

第7条(利用制限および登録抹消)
特別協賛企業は、来場者が以下のいずれかに該当する場合には、事前の通知なく、投稿データを削除し、来場者に対して本サービスの全部もしくは一部の利用を制限しまたは来場者としての登録を抹消することができるものとします。
①第 1 条で定める本サービスの利用期間終了時
②本規約のいずれかの条項に違反した場合
③登録事項に虚偽の事実があることが判明した場合
④特別協賛企業からの連絡に対し、一定期間返答がない場合
⑤その他、特別協賛企業が本サービスの利用を適当でないと判断した場合
2.特別協賛企業は、本条に基づき特別協賛企業が行った行為により来場者に生じた損害について、一切の責任を負いません。

第 8 条(退会)
来場者は、特別協賛企業の定める退会手続により、本サービスから退会できるものとします。

第 9 条(保証の否認および免責事項)
特別協賛企業は、本サービスに事実上または法律上の瑕疵(安全性、信頼性、正確性、完全性、有効性、特定の目的への適合性、セキュリティなどに関する欠陥、エラーやバグ、権利侵害などを含みます。) がないことを明示的にも黙示的にも保証しておりません。特別協賛企業は、本サービスに起因して来場者に生じたあらゆる損害について一切の責任を負いません。
2.特別協賛企業は、本サービスに関して、来場者と本サービスの出展社、来場者と他の来場者または第三者との間において生じた取引、連絡または紛争等について一切責任を負いません。

第 10 条(サービス内容の変更等)
特別協賛企業は、来場者に通知することなく、本サービスの内容を変更または本サービスの提供を中止することができるものとし、これによって来場者に生じた損害について一切の責任を負いません。

第 11 条(利用規約の変更)
特別協賛企業は、第 13 条の手段によって来場者に通知後、民法 548 条の 4 の規定により本規約を改定及び変更する事ができます。なお、本規約の改定及び変更後、本サービスの利用を開始した場合には、当該来場者は変更後の規約に同意したものとみなします。

第 12 条(個人情報の取扱い)
特別協賛企業は、本サービスの利用によって取得する個人情報については、特別協賛企業「プライバシーポリシー」および個人情報保護法に基づき適切に取り扱うものとします。

第 13 条(通知または連絡)
来場者と特別協賛企業との間の通知または連絡は、ご登録頂いた電話または、メールアドレスにご連絡いたします。特別協賛企業は、来場者から、特別協賛企業が別途定める方式に従った変更届け出がない限り、現在登録されている連絡先が有効なものとみなして当該連絡先へ通知または連絡を行い、これらは、発信時に来場者へ到達したものとみなします。

第 14 条(権利義務の譲渡の禁止)
来場者は、特別協賛企業の書面による事前の承諾なく、利用契約上の地位または本規約に基づく権利もしくは義務を第三者に譲渡し、または担保に供することはできません。

第 15 条(準拠法・裁判管轄)
本規約の解釈にあたっては、日本国法令を準拠法とします。
2.本サービスに関して紛争が生じた場合には、東京簡易裁判所または東京地方裁判所を専属的合意管轄とします。

制定日 2022年9月1日